2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


ハイスタンダード。

高校1年の夏に「MAKING THE ROAD」が発売になった。

その頃、日本で起きていた、パンク/メロコア/青春パンクのブームの波は

そのあと少しで最高潮に達することになる。

そういう僕も発売日にMAKING THE ROADを買った。

深夜の音楽番組で「STAY GOLD」のPVが流れ、心躍った。

放課後、校内を歩いていると、上のほうの部室から

New lifeやらplease please pleaseやらを弾くバンドの音が毎日聴こえていた。

Pizza of deathTシャツはステータスで、

白いYシャツの下にこぞって着ていた。

文化祭にはコピーバンドが乱立し、

高校3年の夏まで、毎年、みんなハイスタを演奏していた。

 

高校3年の秋ごろになるか。

洗濯洗剤のCMでモンゴル800が流れると、

学内の旬はモンパチに変わった。

モンゴル800を聴いているやつ、知っているやつがトレンディーになった。

と同時に、ハイスタは古い、というような風潮が出始めたのだ。

 

その風潮は日に日に表へ現れ始め、

高校3年の卒業ライブでは、みなこぞってモンパチをやっていた。

誰かがMCで、「あいつハイスタとかやってたよな」と言っていて、

言われた方は恥ずかしいような顔をしていた。

ハイスタがなぜ恥ずかしいのか。

その時、少し違和感を持ったのを覚えている。

だって、みんなレスポールのPUセレクターにガムテープ貼ってたじゃん。

寒いプールの日に、震えながら意味もなくSATURDAY NIGHTをなぜか歌ってたじゃん。

だが、その場ではハイスタが過去の産物になっていた。

客席の後ろのほうにいた僕から見て、

フロアにいた客のTシャツにpizza of deathはなかった。

 

 

東日本大震災があり、ハイスタの3人がメッセージを配信した。

その行動はどんどん大きくなっていき、

AIR JAMCDとなって私たちのところに発信されている。

その姿を見て、あの3人なら日本を変えられる、と思った人は多いだろう。

特に僕たちの世代は背筋が震えたはずである。

忘れていた何かに火がついたような感じ。

高校生の頃、放課後に流れていたあの風景がプレイバックしたような熱を

SNS上で感じた。

 

そんなハイスタンダードが、来月新しいアルバムを発表する。

きっとたくさんの人が待ち望んでいただろう。

そして、再生するだろう。

あの時、ハイスタを恥ずかしく思った同級生たちはどんな気持ちで聴くのだろう。

再ブームと思い、きっと興奮しながら聴くだろう。

そう思う。

でも、ハイスタは何も変わっていない。

MAKING THE ROADはいまだってSTAY GOLDしている。

 

だから、ブームなんてものはろくなものじゃない。

恥ずかしいのはブームに惑わされている私たちじゃないか。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など


スポンサーサイト

  • 06:33
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -