2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


毎月1日と15日にコラムを更新している。

815日のコラムにいつか戦争について書こうと決めていた。

 

815日は終戦の日だ。

お盆が近づくにつれ、さまざまなところで戦争について話を聞く。

風化させないために、変わらない事実を残すために。

今年は731部隊とインパール作戦について特集したNHKスペシャルを観た。

 

731部隊のことは高校の授業で世界史の先生に教わった。

黒い太陽という映画をみんなで観た。

驚愕した。

しばらく、というか、今でも鮮明に映画が眼に焼き付いている。

インパール作戦については、その詳細をこの夏初めて知った。

 

どちらも眼を伏せたくなるくらいの内容だった。

すでに知っていることもあったが、

初めて気づくこともあった。

 

 

たとえば、

今でも日本の歌をうたえる方。

日本兵と話した笑い話を語る方。

戦争とはいえど、歴史の教科書では教えてくれない

小さな、小さな、やり取りがやっぱりあったんだなぁと思った。

その一方で、

日本軍の中で起きていた理不尽な命令、

お金のやり取り、

といったものもいくつか知った。

教科書には載らない事実だが、

教科書に載ることがすべてではない。

どれもすごく興味深かった。

やっぱり、観てよかった。知ることができてよかった。

 

 

そして、今の日本も変わらないところがあると思った。

すごく近いところで同じようなことが起きている。

変わっていないところが、ある。

 

そう思ったら、

夏が、

蝉の声が、

去年とは違う景色に映ってみえた。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など


スポンサーサイト

  • 22:31
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -