2018/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


小学生の時、給食で白米が残ると、

担任の先生がおにぎりを作ってくれた。

使うのは丸美屋のたまごのふりかけで、

先生の机の引き出しにいつも入っていた。

たまごのふりかけは珍しくない。

でも、そのおにぎりはとても人気で、

皆、こぞって食べていたのを覚えている。

 

おとなのふりかけが世に出たときは、

CMの斬新さもあって、たくさん食べた。

大人もふりかけで食べていた。

 

息子の保育園では、週末になると給食にふりかけがつく。

スパゲッティの日も、うどんの日もふりかけがつく。

どんなふりかけをかけるのか、訊いてみようと思う。

 

でもやっぱり、ふりかけと聞くと、小学校のおにぎりのイメージが強い。

今も、たまにたまごのふりかけをかけている。

大人になったから、今度は自分の机の引き出しにしまっている。

 

※テーマ「ふりかけ」

 

JUGEMテーマ:日常


スポンサーサイト

  • 11:27
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -